妖怪人間ベム 8話感想

最近多発してる女性失踪事件を追っているフリーカメラマンの紀浩は失踪現場で調査していたベム・ベラ・ベロに疑いを持ちます。
てかベムたち毎回毎回疑われすぎだろw
やっぱベムには黒目がないからですか?
ベムたちは地下水道で行方不明の女性を助けましたが、犯人は見つかりませんでした。
その頃近々運動会がある美月君は紀浩さんの娘さんである真琴ちゃんに二人三脚の練習を誘われます。
嫌がる美月君ですが、真琴ちゃんも片親だと聞いて親近感が湧いたのか練習を承諾しました。
2人が練習しているところにベロが現れ真琴ちゃんとベロは友達になります。
美月君はまた逃げ出しましたが、ベロが悪い妖怪じゃないと頭では理解してるんですよね?
だけどやっぱあの姿を見たら怖がるのも仕方ないか…。
全然気にしないキラちゃんの方が変わってるのかもしれません。
一方今度はサラリーマンが襲われましたが、危ないところでベムに助けられます。
どうやら人間を襲っている犯人はレッドキャップという妖怪らしいんですが、何でベムはこんなに妖怪の名前に詳しいんですか?
妖怪博士かよw
そして現場にやって来た紀浩さんはますますベムに疑いを持ちました。

次の日も美月君と真琴ちゃんは公園で二人三脚の練習をします。
そこにまたベロが現れ3人は仲良く練習しました。
美月君もベロを怖がらなくなったようですね。
そこにレッドキャップが突然襲い掛かってきます。
ベロがピンチになった時にベムとベラが助けにやってきました。
妖怪に変身したベムとベラを見た紀浩さんはスクープだと言ってベムたちの戦っている様子を写真に取ります。
てか全然紀浩さんは妖怪にびびってないなー。
カメラマンってこんなもんなんですか?
劣勢になったレッドキャップは正体を現し真琴ちゃんを人質に取りました。
紀浩さんはレッドキャップに立ち向かいますが、吹っ飛ばされてしまいます。
その隙にベロが真琴ちゃんを救出し、ベムとベラの連携攻撃でレッドキャップを倒しました。
真琴ちゃんをベロから受け取った紀浩さんはカメラからネガを取り出して捨てます。
ベムたちに恩義を感じたんでしょうね。
ベロは紀浩さんに「オイラたちを写すより真琴ちゃんを写してあげなよ」と言います。
そしてベロに話しかけられた美月君はまた逃げ出しました。
せっかくベロに慣れてきたのにまた妖怪の姿を見せられたんじゃ仕方ないかもしれませんね。
運動会では美月君と真琴ちゃんは二人三脚で見事に1等賞を取り、見に来ていた紀浩さんも大喜びします。
今まで仕事一辺倒だった紀浩さんが真琴ちゃんと向き合うようになって本当によかったですね。
早く美月君もベロと仲良くなれたらいいんですが…。
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック