妖怪人間ベム 12話感想

人気ロックバンドBATAN-Qのギタリスト・ジョージはライブの途中で突然謎の死を遂げます。
BATAN-Qのライバルバンドのムナシー674の人気はうなぎ上りになりますが、ギタリストのジュンはスランプに陥っているようです。
てかもしかして「ムナシー」=「LUNA SEA」、「BATAN-Q」=「シャ乱Q」ですか?
空君のお姉さんの海さんはムナシーの大ファンですが、たまたまジュンが中古楽器屋で真っ赤なギターを見ているのを見かけます。
後日真っ赤なギターを手に入れたジュンはスランプの時とは見違えるほどの演奏を披露しました。
その頃空君のお兄さんの陸君は目当ての女の子(リサさん)にアイドルのチケットを使ってデートを申し込みますが、リサさんはロックが好きらしく見事に振られてしまいます。
海さんからもギター弾けるようになったらと言われた陸君はすっかりその気になりました。
そしてムナシーのメジャーデビューが決まり、ムナシーはストリートライブを行います。
たまたま通りかかったベム・ベラ・ベロは赤いギターがジュンから生気を吸い取っているのを見かけたのでライブに乱入しギターを破壊しようとしますが、ギターは何処かに消えてしまいました。

ギターの出所を海さんから聞いたベムたちは中古楽器店に行きますが、赤いギターはさっき独りでに戻ってきて高校生に売れたそうです。
てか戻ってくるギターとか店主も怖がれよ…。
空君から陸君がギターを買ったと聞いた海さんは家に急いで帰りますが、陸君が買ったのはフォークギターでした。
陸君によると赤いギターはリサさんの彼氏が買ったそうです。
ベムたちは陸君の案内で学校の軽音楽部に乗り込みました。
しかしいきなり「そのギターは呪われている」はないだろw
まるで詐欺霊能力者みたいじゃないですか。
そしてギターから妖怪が現れ逃げ出しますが、ベムの見せた幻覚で捕まり消滅させられてしまいました。
ベムの幻覚能力って妖怪にも通用するほど強力なんですね。
妖怪に怯えてリサさんを見捨てた彼氏は振られ陸君はリサさんといい感じになりましたが、陸君が作ったリサさんへの歌(フォーク調)が大不評で再度振られてしまいました。
音楽性の違いは如何ともし難かったようですね。
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック