妖怪人間ベム 19話感想

ベロを追う三上刑事は冒頭から帰宅途中のキラちゃんを尾行していました。
キラちゃんを尾行すればいずれベロに接触すると思ってるんでしょうが、傍から見たらストーカーっぽいですよね。
キラちゃんが歩いているとベロが現れ2人で歩きましたが、ベロは尾行に気付き逃げ出します。
三上刑事は車で追いますが、ベロを見失ってしまいました。
てか何あの追いかけ方?
轢き殺す気満々でしょ?
その時三上刑事は田無幻狼斉という人物に出会い妖怪を捕まえるのに協力すると持ちかけられます。
三上刑事は相手にせずに去りましたが、いきなりこんな話を振ってくるなんて怪しさ満点ですね。

一方、空君とミツキ君は最近出来たお化け屋敷の話をしていましたが、そこにベロが現れます。
3人はお化け屋敷に行く事にし、キラちゃんも誘う事にしました。
何故かベロがキラちゃんの家に行きたがらないので、空君とミツキ君はキラちゃんの家に行きます。
どうもベロはキラちゃんのお母さんに警戒されてるのを気にしてるようですね。
そこで3人はベムの正体を全員が知ってる事を知り、それでもベロは友達だという事を話し合いました。
そしてお化け屋敷に来た4人ですが、お化け屋敷の中では何故か本物のゾンビが現れます。
お化け屋敷から出てきた人はよく無事に出られましたね。

その頃、三上刑事は田無幻狼斉から妖怪を捕まえるのでお化け屋敷に来るよう電話があります。
お化け屋敷の中でベロやキラちゃんとはぐれた空君とミツキ君はベロを見かけ追いかけていきます。
しかしそのベロはクモの姿になり、空君とミツキ君は突然現れた触手に捕らわれてしまいました。
そこに田無幻狼斉が現れ2人を助けます。
田無幻狼斉はベロがこの妖怪を呼び出したんだと語りました。
酷いなー。
ベロはいきなり冤罪ですか?

一方ベロとキラちゃんも触手に襲われますが、ベロが抵抗すると謎の声が聞こえ抵抗すればキラちゃんを毒蜘蛛に刺させると言ってきました。
てかこの声ダーナ・オシーの声なんじゃ?
ベロは触手に捕まりながらベムとベラに助けを呼びます。
ベムとベラはすぐにやって来てお化け屋敷自体が妖怪だと見破りボコボコにしました。
しかしベラのブレスっていろんな使い道があるんだなー。
そしてベムが止めをさそうとした瞬間、謎の声が今妖怪を殺せば中にいる人間も死ぬと警告してきました。
その時三上刑事がやって来たので、ベムとベラは姿を隠します。
妖怪の中ではベロたちが空君たちと合流して田無幻狼斉は妖怪の核を破壊し、妖怪を撃破しました。
何か自作自演っぽい匂いがすごくするんですけど…。
そして空君とミツキ君はベロに妖怪を呼び出したのはベロだろうと非難します。
三上刑事に捕まりそうになりベロは逃げ出してしまいました。
三上刑事は田無幻狼斉に捜査の協力を要請します。
何かいきなりベロの立場が厳しくなりましたね。
空君やミツキ君も助けてもらったとはいえ、あっさり田無幻狼斉の言う事を信じてベロを疑ったのは残念でした。
早く2人の誤解が解ければいいんですが…。
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック