ゼーガペイン 22話感想

画像

司令が倒れミナトたんやAIたちが必死に治療を行いますが、司令の体の崩壊は止まりません。
必死になるミナトたん可愛いとか言ってる場合じゃありませんね。
そこにシズノ先輩がやって来て崩壊を止めます。
ミナトたんはシズノ先輩の言った「彼は特別」という言葉の意味を問いただしました。
するとシズノ先輩は司令の秘密を話し出します。
それは司令はガルズオルムであるにも関わらずナーガに離反した存在で、オケアノスにいるのはそのオリジナルの司令から作られた幻体クローンという事でした。
司令はダミーの舞浜サーバにあった補修システムでメンテナンスを行っていたのですが、それもなくなったので限界が来たのだそうです。
その時北極にあるガルズオルムのサーバーがデフテラ領域を拡大し始めました。
このままでは24時間で地球全土がデフテラに飲み込まれ人間が住めない星になってしまいます。
ミナトたんは司令との出会いを思い出し、自分が司令の代わりをしようと決意しました。
それにしても回想のシドニーサーバーにいた頃のミナトたん可愛い。
司令に助けられたから好きになったんですね。
なるほどなー。
ちなみにクロシオ先輩はシズノ先輩のぶっちゃけ話を聞いてガルズオルムへの降伏は諦めたようですね。

そしてミナトたんはイゾラ司令たちに自分が人類再生計画を引き継ぐと宣言します。
決戦前にリョーコちゃんとシズノ先輩は話してリョーコちゃんはシズノ先輩にキョウ君を譲ろうとしますが、シズノ先輩は自分がイェルだから彼とは同じ道を歩けないと言いました。
イェルって元が人間じゃないのかな?
そしてついに最終決戦が始まります。
作戦の概要はオケアノスを除く8隻の戦艦で陽動を行い、オケアノスが北極サーバーの転送装置を使って月に行ってオリジナルの司令と接触してから月のサーバーを破壊するというものでした。
敵の抵抗は今までとは比べものにならず、成功確率は極めて低いものだそうです。
それにしても今回は今までにない戦闘の迫力でしたね。
やっぱ艦隊戦は燃えるなー。
オケアノスは北極サーバーに突入しようとしますが、敵が行く手を塞いでいます。
そこにトガ(ゲーム版の主人公)たちがやって来てオケアノスを援護しました。
しかし圧倒的な敵の数に窮地に陥ってしまいます。
その時キョウ君とリョーコちゃんがトガを助けに入りました。
トガは「オレを信じられないのか」とキョウ君と口論を始めてしまいます。
口論しながら背中合わせに戦う姿がカッコよかったなー。
そしてトガは必殺技のホロボルトグラビティを放って敵を大量に倒し、その隙にオケアノスは北極サーバーに突入するところで終わります。

何か今回はゲーム版のキャラもたくさん出るわ、艦隊戦はあるわで戦闘が今までになく盛り上がりましたね。
あとミナトたんが何時になく凛々しかったです。
EDは今回だけの特別バージョンでしたが、EDのイラストはミナトたんの中の人が描いたらしいですね。
あんまり上手なんでびっくりしましたよ。
司令とミナトたんのイラストにお似合いとか書いてあるのを見て微笑ましくなりました。
あの2人が幸せになれるような終わり方になればいいなー。
無理だろうけど…。
ゼーガペイン FILE.03
ゼーガペイン FILE.03 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック