ゼーガペイン 24話感想

画像

アルティールとガルダが消えてオケアノスは大ピンチになっています。
万事休すってやつですね。
司令はアルティールとガルダが消えた事を聞き微笑みます。
どうやら司令はキョウ君たちがどうなったのか知っているようですね。
ミナトたんが作戦が失敗したのにどうして笑えるのかと司令に訊くと、司令は「色即是空 空即是色」と答えました。
この人こんな時に何言ってんの!?
その頃アルティールとガルダはサーバー内でマインディエと戦い続けていました。
サーバー内では外と時間の流れが違うらしくQLは切れませんが、マインディエの圧倒的な力に劣勢になっていきます。
それにしても今回はやたらルーシェンが饒舌ですが、これは死亡フラグですか?

一方オケアノス内ではシマ司令がミナトたんたちに舞浜サーバーに退避するよう言ってから、遺言のような事を言い始めました。
オケアノスに残るという司令にミナトたんは自分も残ると言いますが、司令は「今まで一緒に居てくれてありがとう」と言い残し目を閉じます。
司令も死ぬ間際になってデレるなら最初からデレてればよかったのに…。
セレブラントは司令に敬礼をし舞浜サーバーへ退避して行きました。
キョウ君たちもキョウ君たちでマインディエの全方位からの攻撃に絶体絶命の危機に陥っています。
その時司令の元に猫がやって来て、司令が目を覚まします。
てか司令まだ死んでなかったの?
司令は後の事をAIに頼み猫と一緒に消えていきます。
その瞬間キョウ君たちはマインディエの前から姿を消してしまいました。
もしかして司令が何かやったんでしょうか?

気が付くとキョウ君たちは雪景色の中に立っていました。
そこに司令と一緒に消えた猫がいます。
猫はキョウ君たちをどこかへ連れて行こうとしてるようですね。
それはそうと雪道で倒れたリョーコちゃんを助け起こす時に「ゴメン」と言われて「何のコニシキ」って答えるキョウ君って一体…。
アンタはオヤジですか?
猫の後に付いてきたキョウ君たちは寺院らしき所で司令のオリジナル(以下オリジナル)と接触します。
猫がオリジナルに同化したって事はあの猫は司令だったのか…。
ルーシェンはオリジナルと会った事があると言います。
どうやらオリジナルはナーガの側近であり、幻体第一号でもあったようですね。
幻体になったオリジナルは無限の時の中で瞑想しする中でナーガの思想に疑問を持ち、司令を生み出したそうです。
てか最初から疑問持とうよ。

オリジナルはオケアノスが落ちた今、リザレクションシステムを持ち帰るにはガルズオルムを殲滅して地球から母艦を持ってくるしかないと言います。
QLはどうするのかという疑問にオリジナルは積層化型のQLシステムをオケアノスのAIたちに作らせていると言いました。
積層化型QLシステムがあればゼーガペインの稼働時間は飛躍的に延びるらしいですね。
その時マインディエがキョウ君たちのいるサーバーを見つけて接近してきます。
打って出ようとするキョウ君にルーシェンは自分が出ると言って、キョウ君に抱きつきキスをしました。
…ルーシェンはガチホモですか?
いや、ルーシェンは外国人だからキスは親愛の印ですよね。
多分…。
ガルダは舞浜サーバーを守る為にマインディエに立ち向かいますが、圧倒的な力の差の前にボロボロになります。
ドライダメージ、ウェットダメージ共に限界を超えたルーシェンはキョウ君を守る為に受ける痛みが嬉しいとか何とか言ってました。
…マゾですか?

その頃キョウ君はオリジナルと禅問答っぽい事をして「今を生きる」という結論に辿り着きゼーガペインに戻っていきます。
オリジナルは後を頼むといって消えていきました。
その時QL積層化が終わりAIたちは満足した様子で敵の攻撃で次々と消滅していきます。
貴重なAIが…。
特にフォセッタとかフォセッタとかフォセッタが消えたのが残念でなりません。
最後にリチェルカがアルティールに積層化QLを転送した所で終わりました。
いよいよ最終決戦も大詰めのようですね。
とりあえずは舞浜に退避したセレブラントは死亡フラグを回避したと思いたいんですが、次回は舞浜サーバー内にまでマインディエが侵入するようです。
全く最後まで油断できない作品ですね。
ミナトたんが最後まで生き残ればいいんですが…。
ゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)
ゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック