妖怪人間ベム 24話感想

画像

妖怪の存在が世間に公表されて以降、警察には連日のようにマスコミが押しかけているようです。
三上刑事は妖怪事件に追われて家庭を顧みずに奥さんとは別居してるようですね。
家庭内もゴタゴタしてるとは三上刑事も大変だなー。
まぁ裕也君の取り成しで奥さんは帰ってきそうな雰囲気にはなってますが…。
一方田無は「メダリエ」という妖怪の妖力を吸い取る機械を作り、それを警察に提供して妖怪を一網打尽にする作戦を開始する事にしました。
三上刑事は前回ベロに助けてもらった事を考え、ベロが本当に悪い妖怪なのか悩み始めます。
その様子を見て田無は「あいつとももう潮時かな」と呟いていました。

妖怪一掃作戦が開始される日、裕也君は空君とミツキ君にベロを捕まえる為に協力をしてほしいと頼みます。
空君とミツキ君は協力をする事にしますが、2人ともまだベロを疑っているのかー。
まぁニュースであれだけ悪者扱いされたんじゃ仕方ないですね。
そして妖怪一掃作戦が開始され罪のない妖怪たちが次々と警察に捕獲されていきます。
しかし無茶苦茶妖怪が捕まってるなー。
今まで一体どこに隠れてたんだろ?
ベラは罪のない妖怪を助ける為にベムの制止を振り切って飛び出します。
そんな中、田無は強力な妖怪スプリガンを力で抑えつけて三上刑事の抹殺を命じました。
やっぱ田無って悪い奴じゃん。

一方キラちゃんは怪我をした毛むくじゃらのちびっ子妖怪親子(以下弱小妖怪)を匿ってましたが、お母さんに見つかり弱小妖怪親子は逃げ出して行きます。
しかし掃除機で殴るなんてキラちゃんのお母さんもアグレッシブだなー。
ミツキ君のお母さんがマンションに帰ってくると階段にさっきの弱小妖怪親子がいました。
どうやら母親の方は死んでしまっているようですが、まさかさっきのキラちゃんのお母さんの攻撃が致命傷になったんですか?
ミツキ君のお母さんは弱小妖怪の子どもを可愛そうに思い、警察に見つからないように林に連れて行って逃がします。
次に弱小妖怪は空君のおじいちゃんとおばあちゃんに拾われて、可愛がられていました。
それを見つけた空君は警察に通報しようとしますが、空君のお母さんまで妖怪に情が移った為に通報を諦めます。

ベラは田無に襲われている妖怪を助けに入りますが、それはベラをおびき寄せる罠で警察に囲まれメダリエの一斉攻撃を受けてしまいました。
メダリエの一斉攻撃を受けたベラは変身を解かれて捕獲されそうになりましたが、ベムが助けに入り無事逃げおおせます。
妖怪人間って妖力を吸い取られると人間形態になるのか…。
その頃三上刑事は妖怪捕獲に協力するという裕也君たちに帰るように諭しているところをスプリガンに襲われてしまいます。
三上刑事はメダリエを使いますが、スプリガンには効果が薄く絶体絶命の危機に陥りました。
そこにベロが駆けつけ間一髪のところで三上刑事を助けます。
スプリガンの力の前にベロはボロボロにされますが、ベムとベラが助けに来てスプリガンをあっさり倒しました。
やっぱどう考えても3人の中でベムだけ異常に強い気がしますね。
そこに警官隊がやって来てベムたちを捕獲しようとしますが、空君たちはベムたちを逃がす為に警官隊の邪魔をします。
ようやく三上刑事や空君たちもベムたちに対する誤解が解けたようですね。
理解者が増えてくれたのはいいんですが、来週のタイトルは「さらば妖怪人間」です。
何か無茶苦茶不安になるタイトルなんですが…。
残り2話ですが鬱になる終わり方にはしないでほしいですね。
妖怪人間ベム 第3巻
妖怪人間ベム 第3巻 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちきちき
2006年09月26日 00:41
田無=ダーナ・オシー?説が重視されます
あと次回予告にメタリエの改良版(火炎放射器?)が
うつっていましたがベム達また旧作のように
焼き殺されるんですかね?本当に火にめぐまれませんね
まあ一番めぐまれていないのはベラとベロだけど…
(18話参照)
2006年09月26日 20:43
本当にベムたちはよくよく火攻めに遭いますね。
次回は隠れ家が燃やされるらしいですし…。
今作では生死不明のラストにはしないでほしいです。
ちきちき
2006年09月27日 02:18
確かに生死不明のラストはかざらないで欲しいですね。
あと私的にはキラちゃん(or空君達)の涙で三人が蘇る、
というベタベタな最後にならないで欲しいです
2006年09月27日 23:48
涙で復活なんて20世紀の遺物はないとは思いますが、あったらビックリですね。

この記事へのトラックバック