おねがいマイメロディくるくるシャッフル! 23話感想

画像

冒頭は宇宙の彼方に飛び去った1期のラスボスダーちゃんの独白から始まりました。
マイメロたちへの復讐を誓ったダーちゃんはマリーランドに生まれたバコちゃんに目を付けます。
赤ちゃんなら弱った今の自分でも操れると思ったようですね。
しかしバコちゃんは小さすぎてダーちゃんの思い通りには動いてくれないようです。
バコちゃんにダーちゃんが宿ってるのは以前流れ星がマリーランドに落ちてからバコちゃんが天才になったんで予想通りでしたね。
バコちゃん(ダーちゃん)はオムツ取替えの時にクロミにおしっこをかける等のセコイ復讐をしますが、未だに柊先輩には苦手意識を持ってるようです。
バコちゃん(ダーちゃん)はマイメロに接触してタクトを奪うべく潤君のカバンに潜り込みますが、その日は日曜で学校は閉まってました。
潤君には曜日の感覚がないのか…。
その頃ゲームセンターでUFOキャッチャーをする女の子がいました。
彼女は星賀さんという歌ちゃんのクラスメイトでバコちゃんが大好きらしいです。
要するに女版白山君かー。
画像

次の日もバコちゃん(ダーちゃん)は潤君のカバンに入り込み、見事に学校に侵入します。
しかしバコちゃん(ダーちゃん)はクラスで人気者になり揉みくちゃにされてしまいました。
何とかバコちゃん(ダーちゃん)はマイメロに接触してタクトを奪おうとしますが、悉く失敗をしてしまいます。
お漏らししたらしいバコちゃん(ダーちゃん)は桃山先生におしめを替えてもらい、野望を達成した暁には侍女にしてやるとか考えてました。
ダーちゃんって人間の女に興味があるんですね。
まぁマイメロを愛する白山君とかいるからそんなに不思議じゃないか。
みんなにちやほやされるバコちゃん(ダーちゃん)を見て、星賀さんは「バコちゃんは私の友達なのに」と嫉妬します。
バコちゃん(ダーちゃん)は星賀さんから黒音符の気配を感じ大声で泣いてバクとクロミを呼び出しました。
てかバクのスピード速っ!
「われらバクに何さらしとんじゃゾナ」と凄むバクがカッコよかったです。
いいお兄ちゃんだなー。
そしてクロミは早速星賀さんに悪夢魔法を掛けました。
画像

すると教室がUFOキャッチャーになりクラスメイトは全員バコちゃんの格好になってました。
みんなが「でちゅダー」って言ってる描写はシュールでしたね。
クラスメイトのみんなはハズレという事で次々と異空間へ捨てられていきます。
マイメロに解決してもらう為に白山君は「マイメロちゃんサーチ」という特殊能力を発動し、更には驚異的な身体能力でマイメロをゲットし歌ちゃんに渡しました。
みんながぬいぐるみの格好でろくに動けないのに白山君は凄すぎですね。
バコちゃん(ダーちゃん)をゲットした星賀さんはバコちゃん(ダーちゃん)のリクエストでマイメロをゲットしました。
UFOキャッチャーから出されたマイメロは早速くるくるシャッフルをします。
今回の召喚キャラは大臣かと思われましたが、またもやキャンセルされてブタの大工さん4人組が召喚されました。
マイメロ絶対にわざと大臣虐めをしてるだろw
召喚されたブタは星賀さんとクロミ、バコちゃん(ダーちゃん)を塀を作って閉じ込めてしまいました。
画像

このままマイメロ勝利かと思われた時、バコちゃん(ダーちゃん)はクロミがクロミーズ5のカードを持っているのに気付き、クロミーズ5を召喚します。
クロミーズ5は壁をぶち抜き、肉弾戦でブタどもをボコってマリーランドに強制送還させました。
あんまり見事に負けたんでマイメロはショックの色を隠せません。
クロミはクロミーズ5をいつでも呼べるようになり、これでもう負けはないと確信します。
黒音符を出した星賀さんですが、バコちゃん(ダーちゃん)は星賀さんの腕から出て行きました。
「私たち友達だよね」という星賀さんにバコちゃん(ダーちゃん)は「もう、おしまいでちゅダ」と言って去って行きます。
黒音符を出した彼女にはもう利用価値がないって事か…。
ダーちゃんマジ外道だな。
悲しむ星賀さんを白山君が慰めていました。
同じマリーランド住民愛好家として通じ合うものがあったのでしょう。
全てが終わって潤君がトイレから戻ってきてましたが、潤君ちょっとトイレが長すぎだろw
どうやらマイメロは来週もやられるようだし、そろそろパワーアップアイテムが出てくるのかもしれませんね。
おねがいマイメロディ くるくるシャッフル 2巻(仮)
おねがいマイメロディ くるくるシャッフル! Melody2 [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • こんなになっちゃって‥「お願いマイメロディ」

    Excerpt: 近所のスーパーにも漸くクロミちゃんが浸透してきました。 なんつってもマイメロをクロミちゃんのアイテムの方が圧倒しているのが痛快です。こういう商品展開は市場調査しているのが当然ですから、お子様方に.. Weblog: Anime in my life 1号店 racked: 2006-09-08 11:34