キミキス ~pure rouge~ 20話感想

前回、自分の気持ちを抑えられずに暴走して公園で泣く摩央姉ちゃん。
ここにサックスが華麗に登場し、摩央姉ちゃんを優しく諭します。
自分を振った女の子にここまで優しく出来るなんてサックスの爽やかさは異常。
無理矢理ちゅっちゅした時は痛い子だと思ってましたが、今ではカッコよさが200%(当社比)アップしてますね。
摩央姉ちゃんとの別れでサックスもパワーアップしたんでしょう。
そして摩央姉ちゃんはサックスとの会話で何かを思い立ったようです。
一方、星乃さんの方も光一君と摩央姉ちゃんの間に何かがあるのを悟ったようですね。
授業中も考え事をする始末。
星乃さんには非がないのに悩んで可哀相です(´・ω・`)
正直光一君の鈍感さにはちょっとムッとしました。

一輝君の方は映画のセリフに触発されて二見さんに猛攻。
登校時に話しかけたり、昼食時に積極アピールをします。
しかし「迷惑」「目障り」と散々な言われよう。
二見さんツンツンしすぎだろw
その夜、一輝君は柊君から「君に足りないのは決めセリフだ」とアドバイスを受けた為に自室で映画のセリフの練習をしだします。
そこを菜々ちゃんに発見されますがこれは恥ずかしいw
しかし菜々ちゃんは一輝君のセリフがカッコよかったと褒めてくれます。
学園祭では新作うどんも食べさせてあげるとか言ってくれるし、菜々ちゃんはいい娘だなー。
菜々ちゃんかわいいよ菜々ちゃん。

翌日、学校を休んだ二見さんの家に一輝君はお見舞いに行く事に。
そしてベランダから一輝君が自宅に向かってるのを見つけた二見さんは慌てふためきます。
何この恋する乙女モード?
学校でのツンは演技ですか?
しかし一輝君はなかなか現れません。
気になってインターホンでドアの先を窺うとそこには決めセリフを練習する一輝君の姿が。
人の家の玄関先で決めセリフの練習をしないでください><
二見さんもその様子を延々と視姦してるしw
なかなかアクションを起こさない一輝君に二見さんは自分から打って出ます。
一輝君は決めセリフを言おうとしますが見事に失敗。
二見さんはツン状態を堅持しますが一輝君の心を込めた告白に撃沈。
一輝君の胸に泣き崩れるのでした。

それはそれでめでたいんですが、こうなると一輝君に恋して女の子らしくなっている咲野さんが可哀相なんですが…。
今は一輝君がフリーになってると思ってるだろうし。
このまま攻勢なくこの話は終わってしまうのでしょうか?
菜々ちゃんの次に好きなキャラなのに…。
一方摩央姉ちゃんの方は光一君の家を出る事に決めたようです。
これは光一君の反応が気になりますね。
出来れば星乃さんと仲良くやってほしいんですが、以前一途かどうか訊かれた時に光一君は答えられなかったからなー。
残り話数もあるしこれからもまだまだ波乱はあるんでしょうね。
いろんな意味で楽しみです。
キミキス pure rouge 4
キミキス pure rouge 4 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック