キミキス ~pure rouge~ 24話感想

二見さんとの約束の場所にいる一輝君。
しかし二見さんはいつまで経っても現れません。
そこで一輝君は校内中を探し回る事に。
この展開は良かったと思います。
一輝君が校内を廻る事で他のキャラの様子が見れましたから。
まず一輝君は菜々ちゃんとなるみちゃんの所へ。
うどん同好会は大好評だったみたいですね。
一輝君が二見さんを探してるのを訝しがる菜々ちゃん。
菜々ちゃんは一輝君が二見さんの事を好きなのを知らなかったのか。
もう周りにはバレバレだと思ってたんですけど。
一輝君は理科室や屋上にも行きますが、二見さんはどこにも居ません。

次に行ったのは祇条さんのクラス。
ここにも二見さんは居ませんでした。
それにしても祇条さんのキツネのお化けの可愛さは異常。
耳が動くとか反則でありますよ。
祇条さんに自分は追いかけてばっかりでみっともないと言う一輝君ですが、祇条さんは「そんな事ありません。恋愛っていろんな形があって楽しい事ばかりじゃないけどやっぱり素敵ですよね。」と言ってくれました。
祇条さんいい娘だなー。
で、実は二見さんは学校の外の公園に居ました。
そりゃ見つからないわw
そこを通りがかる咲野さん。
咲野さんはどうして一輝君の所へ行かないのか尋ねると、二見さんは咲野さんが一輝君に告白したからもう自分を待ってはいないと答えます。
二見さんは一輝君の事が好きになって臆病になっちゃってるんですね。
放っておけない咲野さんは二見さんを励まし、一輝君の所へ行くよう背中を押してあげます。
てか咲野さん最高じゃね?
自分が振られたばっかりなのに恋敵にこんな事できるとは。
咲野さんかわいいよ咲野さん。
何か咲野さんがこの番組で一番好きなキャラになりました。

一方、星乃さんと一緒に学園祭を廻ってる光一君はうかない表情。
あんまり楽しくなさそうです。
星乃さんと一緒にいられる最後の時間なのに…。
光一君ちょっと酷くね?
光一君は摩央姉ちゃんのクラスのクレープ屋に行っても目で摩央姉ちゃんを探す始末。
ちょっとは星乃さんの気持ちも考えようよ(´・ω・`)
店を出た後、光一君はクレープ屋に携帯を忘れたので取りにいきます。
その時星乃さんは摩央姉ちゃんと遭遇。
摩央姉ちゃんは光一君も一輝君もそれぞれ好きな娘を見つけたからお姉ちゃんを卒業すると言い、バトンタッチと握手をしながら光一君の事を星乃さんに託します。
光一君の方はサックスと遭遇。
サックスは光一君に「自分に嘘付いてんじゃね?」っぽい事を言って光一君の決断を促すようなセリフを。
余計な事言ってんじゃねーw
いやサックスさん結構好きなキャラなんですけどね。
そういやサックスはコンクールに出るのは止めて、ライブハウスを廻る事にしたそうです。

そして始まるキャンプファイアー。
いつの間にか柊君と栗生さんがいい感じになってますよ。
柊君恐るべし。
ここで光一君は摩央姉ちゃんを見かけ何かを決意した模様。
星乃さんに話があると言って校内へ。
そこで何と光一君は「約束守れない。星乃さんとはもう会えない。僕は摩央姉ちゃんが好きなんだ。ゴメン。」とか言いやがりました。
ちょwww
この子急に何言い出すの!?
別れを告げられた星乃さんは泣いたりしないで逆に今までありがとうとお礼を言い、握手でサヨナラします。
星乃さん健気すぎ。
もうずっと前から光一君の心変わりに気付いてたんだろうなー。
てか光一君みたいなウジウジした男の子と別れてかえって良かったんじゃね?

一方の一輝君は屋上で二見さんを見つけます。
約束をすっぽかされたのに笑顔で声を掛ける一輝君はいい奴だなー。
ここで二見さんは実験の真意を語ります。
二見さんは「人は結局一人であり、誰かと理解し合うのは不可能」という事を証明して一人ぼっちの自分の救いにしようとしていたとの事。
しかし常に真っ直ぐな気持ちをぶつけてくる一輝君の前にその実験も失敗。
一輝君は「怖くなったら逃げてもいい。俺がまた見つけるから。どこにいたって、俺が必ず見つけるから…」というセリフで二見さんを落としました。
一輝君のカッコよさは異常。
こうして二人はお互いに好きと言い合いキスをしました。
二見さん幸せになって良かったね。
一輝君はどっかの誰かさんと違って絶対に二見さんを裏切ったりしないと思うよ。

で、そのどっかの誰かさんは暗がりで頭を抱えていました。
何で被害者ぶってるんだよw
しかし何かを思い立ち街を疾走します。
そして歩道橋で摩央姉ちゃんを見つけ「星乃さんとはサヨナラした。もう嘘は付かない摩央姉ちゃんが好きだ。」と言って摩央姉ちゃんと両想いに。
そして二人は唇を重ね…って納得できるかYO!
光一君いい加減にしてください><
ここで花火が上がりながらEDが始まりみんなの様子が描かれます。
失恋組の咲野さんやサックスはさっぱりした顔でもう大丈夫なような気がしますが、公園の噴水で一人で居る星乃さんは可哀相すぎですね。
まぁ現実ではこういう恋模様もあるんでしょうが、アニメで見せられるとちょっとキツイ気が…。
いや、全体的には満足できた最終回ですけどね。
いくら何でも光一君の星乃さんへの態度は酷いよなー。
僕の中ではキミキスの主人公は一輝君だと認定されました。
それにしてもアニメにはまってゲームも買ったキミキスが終わるのはちょっと寂しいです。
半年間十分楽しませてもらいました。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。
キミキス pure rouge オリジナルサウンドトラック
キミキス pure rouge オリジナルサウンドトラック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すもも
2008年04月05日 08:02
光一酷いですね。最終回でむりやり終わらせたって感じ。さんざん盛り上げておいてこのラストは・・まあ、ラストは最初から決まってたんでしょうか?キミキスがここまでこれたのは星野さんの純愛によるところが大きかったのに。残念でなりません。(TT)
2008年04月05日 22:38
星乃さんは可哀相でしたね。
まぁ光一君と別れたのはある意味幸せかもしれませんが。
結末自体は最初から決められていたと思います。

この記事へのトラックバック