PERSONA― trinity soul―16話感想

画像

マレビトたちとの戦いを漠然と予期していたものの、拓朗とめぐみは、潜在者抽出のため彼らと同じように《影抜き》を利用した上、犠牲を防げなかった真田たちに釈然としない。また二人の胸にはそれぞれ、己のペルソナに対して抱き始めた不安と、拭えぬ不信感とがあった。諒への思いから真田への協力を決めた慎は、洵の心配をよそに、ひいらぎ製薬の永井が密かにマレビトたちへ持ちかけた制御剤取引の阻止行動に参加する。

今回からいよいよ本格的にバトル展開になってきたようです。
制御剤のストックが尽き掛け限界に達しつつあるマレビト達。
ペルソナを多く取り込んだ者はだいぶ弱ってるようですね。
マレビト達は制御剤を得る為に柊製薬の永井さんと取り引きを予定します。
それを阻止する為に真田さんは主人公たちに協力を求めますが、アフロとめぐみちゃんは真田さん達への不信感から協力を拒否。
主人公は長男への思いから、真田さんの要請に応じる事に。
一旦協力を断ったもののアフロはやはり戦う事を選び主人公たちの所へ向かいます。
それはそうとアフロと山咲さんはバイトの休憩時間に牛丼屋で食事をしてましたが、山咲さんの牛丼好きは異常。
しかもメガネにご飯を付けるとか一体どんな食べ方してるんだよw
微妙にアフロともフラグを立ててるし。

永井さんを見張ってた長身刑事は刑事主任と連絡を取り合った後に何者かに気絶させられます。
その後にカナルちゃんに起こされてたからやったのはカナルちゃんかな?
てかカナルちゃん神出鬼没すぎだろ。
記憶が欠落してるようですが、二重人格か何かでしょうか?
取引先に向かう主人公、アフロ、刑事主任の三人ですが、突然双子の片割れに襲撃されます。
双子の片割れと戦おうとするアフロですが、ペルソナを発動させた途端どっかに飛び去ってしまいました。
アフロ自重w
シリアス展開なのにネタに走りますか。
しかしこの戦いも双子の片割れの自滅であっさり決着。
主人公と刑事主任は取引場所へ。
そこでは既に制御剤の搬入が終わっており、サキ(山咲)さんは車で逃走。
主人公は残った髪の毛ぺったり&大男と戦う事に。
しかし二人相手では劣勢でペルソナを奪われそうになります。
そこに颯爽とアフロが登場し、主人公の危機を救いました。
お前今までずっと飛んでたのかw
二対二の状態での睨み合いが続く中、突然ペルソナを発動させた三男が登場。
髪の毛ぺったり&大男は戦意を減退させます。
苦しんでた双子の片割れも三男のペルソナが放つ光で癒された表情になってたから三男のペルソナは治癒の能力もあるのかな?
しかし三男は我にかえった髪の毛ぺったりの攻撃で怪我を。
主人公が三男に駆け寄る隙に髪の毛ぺったり&大男は逃走します。
そこに掛け付けた真田さん、戌井さん、長身刑事、カナルちゃんとめぐみちゃん。
お前らもっと早く来いよw
真田さんは三男の応急手当をし、めぐみちゃんの家で休ませようとする所で終わりました。
めぐみちゃんの実家が近くにあって良かったですね。
次回はめぐみちゃんの事情が語られそうです。
それはそうと今回何気にマレビトの大男のペルソナもやられてましたね。
キャラが立つ前にやられるマレビトメンバー可哀相です(´・ω・`)
ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】
ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第16話 「解放の子と治癒の聖霊」

    Excerpt: ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.2 マレビトたちとの戦いを漠然と予期していたものの、拓朗とめぐみは、潜在者抽出のため彼らと同じように《影抜き》を利用した上、犠牲を防げなかった真田たちに釈.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2008-04-20 12:37