PERSONA― trinity soul―20話感想

画像

富山湾を中心に起きている一連の不可解な事件と事象は、無意識の海より出でるペルソナを人が弄び続けたことに対する報いであると推測する真田。歪みそのものである稀人たちの複合ペルソナと、九條の研究へと到るまでの過去の開発データ一切の滅却を命題に、慎たちに決戦の気構えを求める。そんな折、慎と洵は二人の時間を過ごす。

カナルちゃん覚醒!
もしかしてラスボスフラグですか?
後、ユキちゃんは「お兄ちゃん・・・大好き!」って事で主人公ラブでした。
ユキちゃんかわいいよユキちゃん。
あと2m刑事が無事だといいんですが…。

今回は結構話が進んだと思います。
アヤネちゃんは九条さんの娘であり複合ペルソナの実験体だったのですが、10年前搬送途中に行方不明になったという事。
更に独自のペルソナ研究を続けた九条さんたちのグループの中に主人公の両親がいた事も明らかに。
真田さんはマレビトの組織を解体させる為にある計画を立てます。
そんな折、三男にメールで呼び出され主人公は仮病を使って学校を抜け出しました。
しかし実は主人公を呼び出したのはユキちゃんで、そのままデートを敢行。
ユキちゃんの言動は非常に可愛らしいんですが、傍から見たら男の兄弟同士のデートですよね。
一体どんな目で見られてるんだろう…。
ユキちゃんによると三男は長男に会っているらしいです。
その後もユキちゃんは待ち合わせのカップルの橋渡しをしたり、別れ際にデレたりしてました。
ユキちゃんの主人公好きは異常。
ユキちゃんは主人公と別れた後にアヤネちゃんに三男を返してもらいに行きます。
何でも二人じゃないとペルソナが使えないらしいですね。
しかしその時めぐみちゃんに電話で呼び出され女子高生たちと遊びます。
女子高生の群れの中に入って違和感のない男の子(中身は女の子ですが)って…。

主人公が家に帰ると真田さんや刑事主任が家の調査をしてました。
悪戦苦闘する刑事主任萌え。
真田さんは主人公に恐らく長男はくじらの傍にいると語り、長男は両親の贖罪以上の切実をものを抱えていたとの事。
ユキちゃんや真田さんの言うとおり、三男は長男の傍にいました。
三男の見たものとは一体なんだったんでしょう?
その頃、ユキちゃんはカナルちゃんとばったり遭遇。
カナルちゃんは晴れてユキちゃんから主人公とお似合いと公認されました。
恋愛話で暫し盛り上がる二人。
女の子ってこの手の話好きですよね。
その時、突然山咲さんが現れユキちゃんを拉致。
カナルちゃんにも何やら暗示を掛けて去って行きました。
ずっとユキちゃんを尾行してた2m刑事はユキちゃんを追おうとしますが、その時カナルちゃんのペルソナが発現するという所で終わりました。
どうやらカナルちゃんはマレビト側の人間だったようですね。
普段の人格の方にはその記憶がないようですが…。
このまま敵にならなきゃいいなー。
あとアフロはめぐみちゃんよりも山咲さんとフラグを立ててる気がしました。
ペルソナ4
ペルソナ4

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック