サザエさん2012年5月27日感想

一話目「大阪のおばあちゃん」脚本・雪室俊一
二話目「世話好き姉さん」脚本・牟田桂子
三話目「タラちゃんどこの子」脚本・雪室俊一
一話目はマスオ母が大阪から襲来する話でした。
マスオにマスオ兄からマスオ母が家出したと連絡が入ります。
マスオが家に電話すると既にマスオ母が到着していました。
いい歳して家出www
マスオ母は子どもらにお小遣いをやったりと点数荒稼ぎを。
てかカツオ、普段マスオにたかってるのに全然小遣いをくれないはないだろw
マスオ母はタラヲと遊びまくりタラヲの友達にも「大阪のオバさんは常に飴を装備している」と偏見を植え付けます。
その後もタラヲと風呂に入って「東京のお婆ちゃん」になりたいと言ったり、磯野家に大歓迎されたり。サザエに肩を揉んでもらったり無双状態に。
しかし翌日マスオ母は書置きを残し失踪を。
W家出とかパネェ。
カツオは花沢不動産に相談に行き捜索をお願いします。
そんな折、花沢不動産に出前に来たラーメン屋から新しいパートが入ったという話を。
「花園忍」を名乗るそのパートは紛れもなくマスオ母でした。
マスオ母は短期間でラーメン屋を掌握し我が物顔を。
マスオが説得に行ってもスルーされ手の施しようがないと思われたマスオ母ですがタラヲの説得に一撃でやられ大阪に帰る事になりましたとさ。
めでたしめでたし。
それにしてもマスオ母はフリーダムな人間ぽかったなw

二話目はサザエが他人の世話を焼きまくる話でした。
今日も今日とて周りの世話を焼きまくるサザエ。
主にカツオがターゲットですが、ある日駅前で野菜を売ってる農家の人(畑中さん)に世話を焼きます。
せっかく良い野菜を作ってるのに呼び込みの声が小さいからお客さんが来ないからとの事。
サザエのセールストークで野菜は飛ぶように売れ、サザエはお礼にダンボール1個分の野菜を貰います。
畑中さんの手伝いを続けるサザエに熱い視線を送る人物が。
カツオは刑事じゃないかとサザエを脅しますが、実はその人はスーパーの経営者でサザエを食品売り場のアドバイサーとしてスカウトに来たのでした。
サザエってちょくちょくスカウトされるよね。
しかしサザエは事態。
経営者は残念がりますがそのまま磯野家恒例の接待モードに。
そこで出された野菜に感動した経営者は畑中さんと専属契約を結びましたとさ。
めでたしめでたし。
それにしても「畑中さんの真面目な野菜」ってw

三話目はタラヲが物探しの名人になって無双する話でした。
裏爺宅に入り浸るタラヲ。
懐中時計を探す裏爺にタラヲは場所を教えます。
まさに勝手知ったるって奴ですな。
タラヲは家でもカツオのへそくり(保護者会のプリント)を発見と無双。
更にはイササカ家やリカ宅のなくし物も見つけました。
タラヲ普段どんだけ他所の家に入り浸ってるんだよw
タラヲはカツオに「どこの家の子か分からないね」と指摘され「家の子death」とキレます。
そんな折、保護者会の為に波平が休暇を取りタラヲも一緒に行く事になりました。
タラヲは保護者会で緊張しカツオは波平が帰ったら怒られるんじゃないかと心配して疲れて2人とも即行で眠りましたとさ。
めでたしめでたし。

今日の一手
サザエ・グー、僕グー
4週連続引き分けwww



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2012年05月29日 14:40
マスオさんのママ、顔を見ると

・・・・・・・
血縁関係が確かなくらい似ていましたね。
タラオも自慢できましたね。

タラオ:大阪のお祖母ちゃんです。
------------
失礼します。
失礼します。
2012年05月31日 08:18
マスオは母親似でしたか。
マスオも母親と話す時は関西弁でいいのにと思いました。

この記事へのトラックバック