サザエさん2012年6月3日感想

一話目「タラちゃんの演技力」脚本・城山昇
二話目「忘れ物注意報」脚本・浪江裕史
三話目「縁の下のノリスケ」脚本・雪室俊一
一話目はタラヲが演技力を身に付ける話でした。
冒頭からTAMAさんの真似をするタラヲ。
しかし足で頭を掻く動作は真似できませんでした。
そして外出するサザエに付いて行こうとタラヲは泣き真似を敢行しますがサザエには通用しません。
それを見ていたカツオはタラヲの周りに水を零しサザエはそれを見てタラヲを連れて行く事に。
てかそれだけ泣いたら脱水症状起きるだろw
その夜、タラヲはマスオにあれは嘘泣きだったと報告。
カツオはBACK☆COME☆ONを喰らいます。
そんな折、タラヲはリカの家に行き我侭をこいて喧嘩に。
家に帰って凹むタラヲですがお土産のケーキで元気になります。
しかし落ち込んでた事を指摘されると再び鬱モードになりました。
カツオはタラヲに女の子と喧嘩した時はひたすら謝る方が良いと説きタラヲはリカの元に特攻。
なかなか謝れないタラヲでしたが自然に仲直りしましたとさ。
めでたしめでたし。

二話目は忘れ物ネタでした。
傘を忘れ波平と相合傘して帰ったマスオ。
マスオはサザエに傘は会社に置き傘してるだろうと指摘します。
何でもマスオがよく傘を無くすから高い傘を買えばなくさないと思ったとの事。
マスオは会社や家を探しますが傘を見つけきれません。
マスオが傘をなくしたと気付いたカツオはチョコパフェで傘を無くしたのは自分という設定にします。
サザエだけでなく波平にも怒られるカツオを見てマスオは自分が無くしたと白状しました。
しかしその傘をノリスケが磯野家に持ってきます。
何でもちょっと前にサザエから借りたとか。
サザエェ…。
こうして磯野家一の忘れ物名人はサザエに認定されましたとさ。
めでたしめでたし。

三話目はノリスケは縁の下の力持ちという話でした。
雑誌にイササカ&女性作家と一緒に載ったノリスケ。
しかし名前が書いてないのに磯野家の子どもは不満を漏らします。
フネはノリスケは縁の下の力持ちだと説明しました。
そんな折、ノリスケは赤子を連れて磯野家に来襲。
何でも女作家に赤子を預けられたんだそうです。
女作家ェ…。
タラヲはこの赤子を自分の嫁認定します。
タラヲ3歳児でありながらロリかよwww
ノリスケはイササカからも原稿を貰わなければいけないからと赤子を磯野家に預けます。
この赤子が波平の背中以外では泣き出すので波平は赤子を背負って活動する事に。
更にノリスケは原稿を印刷所まで持っていったので迎えに来たのが夜中で波平はくたくたになってました。
華麗にBACK☆COME☆ONも回避したノリスケは後日、女作家からのお礼のカステラと劇のチケットを持ってきましたとさ。
めでたしめでたし。
それにしても赤子にまで懐かれるとは。
波平は一年中モテ期だな!

今日の一手
サザエ・パー、僕パー
5週連続引き分けwww
1ヶ月勝ち星ないとかありえねーw



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2012年06月04日 10:57
1話目のオチのカツオの顔、
まさに2年前のお正月スペシャルの
”ハルナ”って悪ガキが言ったみたいに
これでしたね。

・ケーキ食べた後、梅干を食べたみたいになる


失礼します。
2012年06月07日 11:17
あのネタはもはや伝統芸能の域に入ってますね。
しかしカツオはワカメやタラヲにもビタミンCを分けてあげればいいのにw

この記事へのトラックバック