ダンボール戦機W 34話感想

今回はバンたちが国防基地に潜入する話でした。
A国大統領とカイオス長官の救出に向かうため、バンたちを乗せたダックシャトルは国防基地の手前にある渓谷へと着陸。
宇宙衛星管理センターの施設がある国防基地までのルートを確認し、一向は3組に別れて進む事にします。
ダックシャトルでは、オタクロスが開発したゲーム形式のシミュレーションプログラムで、国防基地から宇宙衛星管理センターまでの侵入ルートの割り出しを開始。
ヒロママンはヒロばりのゲームテクニックでクリアします。
アホ毛といいヒロは完全に母親似か。
バンたちは国防基地への潜入に成功しますがそこには大量の敵LBXが。
バン、ヒロ、ラン以外は足止めに周りバンたち3人は宇宙衛星管理センターへ。
そこにはジャック・ジェラート中尉とかってバンパパンが開発してたものの開発が中止になったプロト・Iが待ち構えていました。
不法進入者に律儀にLBXで相手をするジャック中尉ェ…。
しかも1VS3だし。
ジャック中尉は仏か何かですか?
プロト・Iは高次元多関節機構を用いバンたちを追い詰めましたとさ。
めでたしめでたし。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック