イナズマイレブンGOクロノ・ストーン26話感想

今回は天馬君たちが坂本龍馬に遭遇する話でした。
天馬君たちの次の獲物は時空最強イレブン第5の力――海のように広い心で攻守を繋ぐ架け橋となるスーパートリッキーMFと、第6の力――稲妻のように素早く斬り込む速さ電光石火のスピードストライカーのオーラを持つ坂本龍馬と沖田総司。
天馬君たちは早速幕末にタイムジャンプします。
しかし龍馬と沖田は敵対する関係。
天馬君たちは二手に分かれて行動する事に。
ちなみに龍馬の力は錦先輩が沖田の力は剣城君がゲットする事になります。
龍馬を探していた天馬君たちは太ったピザ男と遭遇。
ピザ男は新撰組を腹の脂肪で瞬殺します。
豪快なピザ男と仲良くなった天馬君たちは一緒に食事をする事になりますがそこに新撰組が現れピザ男が坂本龍馬だと判明しました。
一方、フェイたちの方は沖田を探しますが黄名子ちゃんの空気を読まない行動で新撰組に囲まれピンチに。
そこに現れた近藤勇によってフェイたちは助けられます。
ザナークは近藤に目を付けられて封印されザナークが近藤に成り代わりましたとさ。
めでたしめでたし。
ところで坂本龍馬が現代で見た写真と姿が違うのには今後フォローがあるんだろうか?
あとそろそろ染岡さんに出番を。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック