ダンボール戦機W 41話感想

今回はアダムとイブを消去して一件落着する話でした。
暴走したアダムとイブが操るゼウスはキラードロイド・ペガサスと合体しゼウス・デストロイモードになります。
バンとヒロはイカロス・ゼロ、イカロス・フォースで立ち向かいますが撃パターンをアダムとイブに全て読まれ攻撃が通用しません。
凹む二人ですが仲間の声援によって復活。
更にバンパパ曰く、ヒロの集中力が高まればアダムとイブも行動が予測不可能になるとの事。
その予測通りヒロは覚醒し超スピードでゼウス・デストロイモードを翻弄。
バンとの合体攻撃でゼウス・デストロイモードを撃破しました。
涙目になる真実でしたがエネルギーシールドを張りアダムとイブを守ろうと悪足掻きを。
そんな真実にバンはレックスが最期には再び世界に希望を見出したことを伝えます。
それを信じない真実はアダムとイブにレックスの真意は何かと質問。
アダムとイブは地球上に存在する檜山蓮に関するあらゆるデータを読み込みホログラムのレックスを作り出します。
レックスがやっぱ俺間違ってたわwwwと言ったのを見てショックを受けた真実は爆弾で自殺しようとしますがランがこれを阻止。
ヒロママンが消去は嫌というアダムとイブを容赦なく消して事件は無事解決しましたとさ。
めでたしめでたし。
ちなみにキリトさんはオタクロスに説得され更正。
何か未成年を洗脳してテロ起こしたバンパパンや他者の気持ちが理解できなかったり致命的に子育てが出来ないヒロママンよりオタクロスの方がよっぽど真人間じゃね?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック