はじめの一歩(113)感想

今回は鷹村がミドル級の世界統一王者になりました。
左のスイングを面白いように受ける鷹村は大ピンチに。
どうやらバイソンの右手のフェイントからのスイングに相性が悪かったようです。
満身創痍の鷹村を見て会長はタオルを投げようとしますがそれを青木と木村が阻止。
会長の悲壮な表情を見て鷹村が覚醒します。
一歩ばりのつま先での回転からの強打でバイソンをKOしました。
鷹村の会長好きは異常。
こうして鷹村はミドル級の世界統一王者になり国民栄誉賞まで打診されますが、山口先生の整骨院でセクハラを働き裸で投げ飛ばされたところを記者に撮られ国民栄誉賞は取り消しに。
更に木村の地元の商店街でのパレードも閑古鳥がなく始末でした。
鷹村ェ…。
最後もまた山口先生にセクハラを働いて裸で投げ飛ばされ旅に出ることにしましたとさ。
めでたしめでたし。
しかし一歩、青木を助けるためとは言え運転中の車から飛び出たら駄目でしょ。
大事故になるし車止めてから降りようぜ。
まぁギャグ描写なんだろうけどちょっと気になりました。

はじめの一歩(113) (講談社コミックス)
講談社
2016-03-17
森川 ジョージ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はじめの一歩(113) (講談社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック