はじめの一歩(114)感想

この巻は一歩の周りの人たちが新しい目標を見つけて行く話でした。
宮田のOPBF防衛戦を千堂と一緒に観戦する一歩。
どうも千堂は中学の時の先生と一緒に見る予定っぽかったけど先生が遅刻してるようです。
試合はあっさり勝った宮田がデレのないツンデレな態度でインタビューを受け答えしてました。
女性ファンは宮田のツンがいいようです。
でもツンばっかじゃ心折れね?
千堂は宮田と会い、自分はゴンザレスと戦ってからリカルド目指すからお前もさっさと一歩と戦うのは諦めて世界目指せと言います。
その後は一歩が千堂と中学の先生の恋バナに巻き込まれたりしました。
それにしても100巻を越えた後の新事実。
藤井さんと篠田さんがライバルだってのに今更かよという驚き。
今まで話す機会はなかったのかw
都大会1位で天才といわれた篠田さんもプロでは連敗続きだったのか。
アマエリートで王者になった今井と6回戦で終わった篠田さん、何故差がついたのか。
そして青木と木村の再起戦も決まります。
青木は再び伊賀と戦う為に新型カエルを開発しますが木村は目標を見失ってモチベーションが上がっていません。
その伊賀ですが青木たちの再起戦のメインイベントで日本タイトルに挑戦するとの事でしたとさ。
めでたしめでたし。


はじめの一歩(114) (講談社コミックス)
講談社
2016-06-17
森川 ジョージ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はじめの一歩(114) (講談社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック