サザエさん2019年2月24日感想

一話目「ワカメとワビちゃん」脚本・雪室俊一
二話目「うちの迷子」脚本・城山昇
三話目「まねっこタラちゃん」脚本・小林英造
一話目はワカメがわびさびにはまる話でした。
波平と一緒に松岡さんの家に行ったワカメ。
松岡さんと意気投合しワカメは利休茶碗を貰います。
すっかり茶人気分のワカメですがカツオはTAMAの食器によくね?と暴言を。
茶碗にワビちゃんと名づけるワカメは茶碗と会話する危ない人に。
そんな折、カツオは利休茶碗をだしに三人娘を召喚。
ワカメはカツオに抗議をします。
その茶碗そんな価値がないんじゃね?というカツオにワカメは憤慨。
裏爺に鑑定してもらう事になります。
裏爺によるとこの茶碗はそんなに古くはないが良い物だと鑑定。
そして道具は使ってこそ価値があると茶をたてます。
裏爺茶道の心得まであるのか。
ワカメは自分にはまだこの茶碗は早いと価値が分かるようになるまで裏爺に預ける事にしましたとさ。
めでたしめでたし。

二話目は波平が迷子になる話でした。
一度訪問した知人の家に行こうとする波平。
しかし道に迷ってしまい家に電話を。
電話に出たサザエに煽られた為に電話を切る波平。
暫くして再び電話をしますがサザエが出た為無言で電話を切ります。
フネは電話の主が波平と推測。
再び電話するも次はマスオが出てまた電話を切る波平。
マスオは許してやれよ。
そうこうしてるうちに波平は知人に保護されましたとさ。
めでたしめでたし。

三話目はタラヲが真似をしまくる話でした。
突然ワカメの真似を始めるタラヲ。
あまりのしつこさにワカメは泣きだしタラヲはご満悦に。
これはさすがにウザいw
何故そんな事をするのかと問うとサザエがそうしろと言ったからだそうです。
何でも公園で礼儀正しい少年に会ったサザエはお兄さんやお姉さんを見習うよう言ったとの事。
カツオやワカメは叔父叔母だから対象外じゃね?
その後もタラヲはみんなの真似をして辟易させます。
しかしフネの真似をした時に家事のハードさ故にギブアップをしましたとさ。
めでたしめでたし。

今日の一手
サザエチョキ、僕・グーwww
大勝利www

サザエさん音楽大全
ユニバーサルミュージック
2013-12-04
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

愛は勝つ伯父さん
2019年02月25日 05:51
また早川さん推してる… これは近年稀に見るタラオヘイト回
おんぶ~やめろwwww  チョキで勝つ
鳴海みぐJr.
2019年02月25日 08:19
2話目のオチですか?
私の知人なんか、新幹線で仙台から出かけるとき、駅でチューハイ飲んで、トイレを探すときに

・・・・・・・・・・・・
アニメソング※を歌ったら、そこに居た人はなぜか退いて下さったそうです。

※:私たちが中学生の頃に見た「丸出だめ夫」エンディングソング「子供はつらいよ」

失礼します。
鳴海みぐJr.
2019年02月25日 08:20
・追記・
トイレ>
新幹線の中のトイレ>

そこにいた人は>
そこにいた乗客は

でした。
鳴海みぐJr.
2019年02月25日 08:23
2話目のオチ>
2話目の後半の原作ネタ

でした。
鳴海みぐJr.
2019年02月25日 08:29
・追記3・
私の知人が

・・・・
20代前半の頃の新幹線内での話でした。
日本共産党めっちゃ∞大大∞嫌い男
2019年02月26日 01:13
「ワカメとワビちゃん」
松岡さんからのいただき物、お菓子ではなく、瀬戸物だと思ったよ。
タラオが、カツオとワカメの部屋に入って、利休茶碗を割ってしまい、ワカメが号泣すると思った。
でも、サザエがいたから、大丈夫だったね。
裏のおじいちゃんも、瀬戸物に詳しいのかな?
早川さんが、ゆっくりと利休茶碗を見に来るシーンが見たかったね。

「うちの迷子」
波平が、1度行ったことのあるお宅に行こうとして、迷子に。
今、いる場所も分からないと、磯野家に電話。
今、いる場所なら、電柱などに住所が貼ってあるよね。
波平が、フネの言うとおりに、相手のお宅の住所と電話番号をひかえていれば、良かったのにね。
電話に出たのが、サザエやマスオでも、フネに取り次いでもらえばよかったのにね。

「まねっこタラちゃん」
サザエから、近所のお兄さん・お姉さんのいいところを真似しなさいと言われたタラオが、ワカメの真似。
ドーナツを落としたところまで、真似は行き過ぎだし、おうむ返しはしなくていいのに。
カツオの真似して、お菓子をとるし、サザエの真似をして、足でふすまを開けようとするし、マスオの酔っぱらったところを真似するし。
いいところだけを真似すればいいのに。
2019年03月09日 20:10
今回のタラヲはさすがに鬼畜すぎましたね。
波平の方向音痴さは異常。

この記事へのトラックバック