サザエさん2019年3月31日感想

一話目「アポなしの達人」脚本・雪室俊一
二話目「母さんの長話」脚本・浪江裕史
三話目「うっかりでガックリ」脚本・小林英造
一話目はノリスケがアポなしの達人と言う話でした。
イチゴ狩りに行こうとする磯野家。
そこにアポなしの客が現れイチゴ狩りは中止に。
アポなし訪問を糾弾するサザエやカツオから話題はアポなし訪問の達人ノリスケの話になります。
ちょうどいいタイミングで現れたノリスケは手土産のイチゴワンパックで夕食のすき焼きに便乗しました。
するとタイコから電話が。
タイコは現在実家に帰っていますがアポなし訪問は控えるようにノリスケに釘を刺していたのでした。
翌日花沢から電話が。
カツオの喜ぶ相手もいるから食事に来ないかとの事でした。
カオリか早川を期待するカツオですがいたのはノリスケ。
花沢父が駅前でばったり会ったんでさそったんだそうです。
そこにタイコのふりをしたサザエから電話が掛かってきて春物の服を買う事やイチゴ狩りに連れて行く事を約束させられました。
これおれおれ詐欺なんじゃ…。
こうしてノリスケは磯野家の子供たちをイチゴ狩りに連れて行く事になりましたとさ。
めでたしめでたし。

二話目はフネが長話と言う話でした。
いつも長話をしているフネ。
みんなどんな話をしてるか気になります。
そんな折、穴子からフネのおかげで穴子嫁の機嫌が良くなったという話を聞いたマスオ。
何でも機嫌を損ねた穴子嫁がフネと話した途端機嫌が直ったとか。
どうやらフネは聞き上手で話した相手をすっきりさせる事ができるようです。
フネ自身の不満は誰が聞くんだろうと心配する一家ですがフネの話の聞き相手はおかるでしたとさ。
めでたしめでたし。

三話目は波平が自分の年を気にする話でした。
うっかりが多くなり自分が年を取ったのではと心配する波平。
10歳若返るとかいう体操をやって大惨事になり若くないんだから気を付けてとサザエに言われ更に凹む事に。
カツオやワカメが神経衰弱で波平に自信を取り戻させようとしますが空気を読まないタラヲのせいで失敗します。
そんな波平に自分のミスを話し誰にでもうっかりはあるから年のせいじゃないと励まし波平は立ち直りましたとさ。
めでたしめでたし。

今日の一手
サザエ・グー、僕・グー
相打ちwww

サザエさんと長谷川町子 2019 春 (週刊朝日増刊)
朝日新聞出版
2019-03-29
長谷川町子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

愛は勝つスパーク伯父さん
2019年04月07日 05:47
ハイエナが手ぶらじゃないだと… 花沢家にもハイエナする。
城山先生どこ… フサフサ波平レアだ… グーで3月を締める。
鳴海みぐJr.
2019年04月07日 10:55
1話目のノリスケさん、タイコとの約束を破って、花澤宅で道草食っていましたけれど、電話口で

・・・・・・・・・・・
声色変えたサザエの芝居に「た、タイコ謝るよ!何でもしてあげるから・・・・・」とたやすく引っかかり、帰宅した本人に謝ると「本物の私との声が区別が付かないなんてあなたも

・・・・・・・・
ヤキが回ってきたみたいね!」と叱られるなんて哀れでしたね。

------------
失礼します。
2019年04月07日 22:14
ノリスケの御馳走センサーは異常。
しかしサザエの声をタイコの声と間違えるとは…。
日本共産党めっちゃ∞大大∞嫌い男
2019年04月07日 22:25
「アポなしの達人」
カツオ・ワカメ・タラオにイチゴ狩りに行きたいと言われ、行こうとした時にアボなしのお客様が来て、中止に。
後日、ノリスケが連れて行ってくれたが、予約なしではダメだと。
前に、行っていても、予約なしで、ダメになっていたね。
ノリスケは、花沢家で、すき焼きを食べていたが、そんなに親しかったかな?
ノリスケ、タイコとサザエの声も分からないなんて。
おれおれ詐欺に引っ掛かるかも。

「母さんの長話」
母さんの長話というタイトルから、定番の波平が、庭に椅子を作るが出てくると思ったが、出てなかったね。
聞き上手のフネ。
フネは、誰に聞いてもらうのかで、おかるさんでしたが、以前は、タマでしたね。

「うっかりでガックリ」
波平、部長のコートと自分のコートが分からずに、部長の飴を同僚にあげたり、電車を乗り過ごしたり、頭の眼鏡に気付かなかったり、年のせい?
永遠の54歳の波平は、年は、昭和40年生まれ設定。
年のせいではないね。
引退の話は、波平のことではないと思ったら、やはり、鍋のことでしたね。
でも、定番の同じ日に、3人と約束は困るね。
以前は、マスオが1人と、ノリスケが1人の相手になったね。

この記事へのトラックバック