イナズマイレブンGOクロノ・ストーン23話感想

今回はピカチュウが覚醒する話でした。
ザナークの洗脳を受けた関羽と張飛との戦いでGKの劉備が飛び出しゴールががら空きに。
がら空きになったゴールをみんながフォローし何とか勝利。
関羽と張飛は元に戻ります。
その後も劉備がよく考えずに行動をするせいで天馬君たちは要塞に仕掛けられた罠で足止めを食らいます。
そんな慎重さを欠く劉備にピカチュウは憤怒。
劉備に噛み付きます。
まぁでも劉備的にはどうしても天馬君たちと一緒に行動しなきゃいけないってわけでもないわけで、一緒にいるのは天馬君たちの都合だから怒るのもどうなんだろう。
更に先に進むとからくり兵馬俑が待ちうけていて試合をする事に。
またも劉備がGKで出ますが、劉備はからくり兵馬俑の必殺シュートをキャッチし得点のチャンスを作り雷門が先制。
サッカー初めて1日目の相手に止められる必殺技ェ…。
その後も劉備はからくり兵馬俑のシュートを連続して止めますが片腕を痛めてしまいます。
劉備と交代する事になったピカチュウですがからくり兵馬俑の必殺技を受け同点にされてしまいました。
なん…だと…?
からくり兵馬俑は人間と違い癖がないからシュートコースが読めないっていうけどそれは劉備も同じ条件だったんじゃ…。
そんなピカチュウに劉備は「迷ったら、飛べ!」とアドバイス。
覚醒したピカチュウは新必殺技を編み出しシュートをキャッチ。
天馬君たちはからくり兵馬俑戦に勝利を収めましたとさ。
めでたしめでたし。
それはそうと染岡さんの登場はまだですか?



"イナズマイレブンGOクロノ・ストーン23話感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント