サザエさん2019年6月30日感想

一話目「プレゼントの育て方」脚本・雪室俊一
二話目「偶然の出会いにご用心」脚本・城山昇
三話目「気配り屋カツオ」脚本・あみやまさはる
一話目はホタルイカがモミの木を育てる話でした。
ホームセンターにいるのをマスオに目撃されたホタルイカ。
その事は磯野家で情報共有される事に。
ホタルイカに何を買ったのか聞きに行ったカツオはホタルイカがモミの木を買って育てている事を知ります。
何でもクリスマスまでに大きく育ててワカメにツリーとしてプレゼントしたいとの事。
ワカメには内緒にと依頼を受けたカツオですが早速ワカメに追及を受けました。
何も買ってないと誤魔化しますがMIYUKIがホタルイカがじょうろを持ってるのを見たと突っ込みを入れられます。
世田谷マジ監視社会。
カツオはモミの木を隠す為に早川宅にモミの木を移送する事を提案。
中島の協力もありモミの木は早川宅に行く事に。
しかし早川は水やりの時にモミの木が作り物だと知ってしまいます。
その事をホタルイカに言うと全然成長しないんで作り物で良かった、育て方が悪いんじゃなかったと言いました。
早川はモミの木は偽物でもホタルイカの優しさは本物だったと綺麗にまとめましたとさ。
めでたしめでたし。

二話目は偶然ネタでした。
荷物持ちをさせたい相手(特にカツオ)に偶然会う事が多いサザエ。
カツオは偶然じゃないだろと疑います。
そんな折、波平とマスオが帰りに偶然遭遇。
飲んで帰る事に。
お土産目当てのカツオは夜中に目覚まし時計をセット。
遅く帰って来た波平とマスオはサザエらに追い込みをかけられようとしますが偶然なったカツオの目覚まし時計のおかげで難を逃れます。
翌日、オカルからイササカが偶然波平、マスオとあったので飲んで楽しめたとフネが知らされ波平らへの追及は凍結。
目覚ましのセット時間が朝になってた事に疑問を呈するカツオにサザエは偶然だと主張しましたとさ。
めでたしめでたし。

三話目はカツオが気配り屋を始める話でした。
マスオにサザエが美容室に行った事を教えられ500円貰ったカツオ。
カツオは気配りは金になると考え気配り屋を始めます。
波平やマスオから次々と金を貰いますがサザエからは礼だけ言われ不満に思うカツオ。
そんな折、カツオはイクラさんの世話を頼まれますが無双され涙目に。
割に合わないとカツオは気配り屋を引退しましたとさ。
めでたしめでたし。

今日の一手
サザエ・パー、僕・グー
大敗北www
サザエさんと長谷川町子 2019 夏 (週刊朝日増刊)
サザエさんと長谷川町子 2019 夏 (週刊朝日増刊)

"サザエさん2019年6月30日感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント